唾液にも種類がある?

みなさんのお口の中に常にあるだ液。1日に分泌されるだ液の量は通常0.5 〜1.5リットルといわれています。
だ液には種類があることをみなさんはご存じでしたでしょうか?
だ液とは →

だ液にはサラサラとし ただ液ネバネバとした だ液の2種類があります。
このサラサラだ液とネバネバだ液にはそれぞれ違った働きや成分をもっています。では詳しく説明していきましょう。

サラサラだ液のことを漿液性だ液 と言います。
だ液腺には三大だ液腺と呼ばれる部分があり、耳下腺、顎下腺、舌下腺と分けられます。
この漿液性だ液は主に三大だ液腺の中でも一番大きい耳下腺から分泌されます。
漿液性だ液は、食事 の時に多く分泌され、口腔内を洗浄し酸性に傾いた口腔内を中性に保つ働きや、食べ物を湿らせることで飲み込みやすくする働きがあります。
消化酵素も 多く含まれているので消化の働きも助けます。
また、漿液性だ液は主にリラックスしている時に働く副交感神経のコントロールで分泌されます。そのため 、緊張している時や、イライラしていたり、怒っている 時には分泌されにくく、リラックスしている時に分泌されやすいという特徴があります。

ネバネバだ液のことを粘液性だ液 と言います。
粘液性だ液は主に舌下腺から分泌されます 。粘液性だ液にはネバネバということから連想される通り、納豆や、モロヘイヤ 、オクラなどにも含まれるムチンというネバネバの成分が含まれています。
ムチンにより、粘膜の保湿を行ったり、細菌を絡めとり、体内への侵入を防いだり、粘膜が傷つくのを防いだりします。
粘液性だ液は主に、緊張した時に働く交感神経によってコントロールされています。そのため、漿液性だ液とは逆に、緊張している時や、イライラしている時、怒っている時などに分泌されやすいという特徴があります。

では、このような大事な役割をしているだ液をたくさん出すにはどのようなことをしたらよいのでしょうか。

 ・よく噛むこと
だ液をたくさん出すにはよく噛んで食べることが重要です。
よく噛むことによってだ液をたくさん出すだけでなく、肥満を防止したり、消化をしやすくしたり、脳細胞を刺激することで脳の発達を促す効能があります。

 ・だ液腺のマッサージ
三大だ液腺である耳下腺、顎下腺 、舌下腺をマッサージすることでもだ液がたくさん出ます。
また、口を開けて舌を前後に突き出したり、左右に動かしたりして舌の運動をすることで、舌の周りの筋肉が鍛えられてだ液の分泌を促します。

・食品選び
食品を選ぶ時、柔らかい食べ物よりも噛みごたえのある食べ物のほうが、噛む回数が増えるのでたくさんだ液が分泌されます。
また、酸味のあるもの(梅干など)には、クエン酸が含まれていて、口の中が刺激されることでだ液が分泌されます。

このようにだ液にはさまざまな効能があります。お口の中が乾燥してきたなと思ったら、上記のことを試してみて下さい。

 

群馬県 前橋市 大胡町 無痛・早期改善・わずか1日での歯周病除菌治療のいそ歯科医院  

当院で歯周病治療を受けた方の声はこちらからご覧ください。 

 

歯周病治療を受けた方の声

歯周病の無料相談はこちら

大川院長顔写真.jpgここから院長へ無料メール相談もできます。 歯周病に関するお悩み、治療に際して心配なこと、セカンドオピニオン等、歯肉や歯周病の事なら何でもご相談ください!

無料相談

治療のお申込みはこちらから。初回はカウンセリングと検査を行います。 カウンセリングのお申込み

院長が一般の方にもわかりやすく書いた歯周病の小冊子の無料請求はこちらから。 資料請求はこちら

※ご相談・小冊子ともにTEL/FAXでも受付けております。

  予約・問合せTEL 027−283−2108 

TELでのご相談時間は月・火・水・金の9:00〜11:00 13:00〜18:30です。

院長本人によるTEL相談はご希望の方は13:00におかけなってください。

なお院長不在の場合はご容赦くださるようお願い申し上げます。