歯周病治療に取り組むいそ歯科医院
ブログ
  • HOME »
  • 当サイトのご案内

当サイトのご案内

自分の歯で何でも噛める喜びを手に入れてください!

「いそ歯科医院 院長」の大川ですはじめまして「いそ歯科医院 院長」の大川です。この度は歯周病治療室歯槽膿漏治療室)のホームページを訪問して下さりありがとうございます。

なぜ私はこのようなホームぺージを立ち上げているのか?と言いますとあまりに多くの方が歯周病(※昔は歯槽膿漏といいました)で歯を失われている現状を何とかしたいと思ったからです。

歯周病(歯槽膿漏)は日本の30歳代以上の80%の方がかかられているという、もはや国民病とも言える状態なのですが一般の方はあまりご存知ないようです。

歯周病(歯槽膿漏)は歯を失うだけではなく命を失う原因にもなりかねない病気です。

近年、内外の研究より歯周病(歯槽膿漏)は心筋梗塞や脳梗塞、また糖尿病や異常出産と関連があることが判ってきました。
ですから不幸にして歯周病(歯槽膿漏)になってしまった方には一刻でも早く病気を食い止めてご自分の歯で噛める喜びと、お口の中だけでなく全身の健康も取り戻して健康で豊かな生活を送って欲しいと願っております。

当院では保険の歯周病治療だけでなくレーザーとパーフェクトぺリオ(次亜塩素酸水)を用いた歯周病除菌治療と予防も行っております。さああなたもこの機会に歯周病の治療と予防をはじめてみませんか?

当院の歯周病治療に対する考え方

今は日本全国どこでも保険診療でも歯周病治療は受けられます。しかし日本人の歯周病の患者さんが減らないのはどうした事でしょうか?

なぜ歯周病の患者さんが減らないのか?

理由は色々考えられます。
そもそも歯科医師が歯周病治療は時間もかかるのでやりたがらない。患者さまも自覚症状がないのと効果がわかりにくく時間もかかるので受けたがらない。また保険治療で全国どこに行って料金は同じですが医院によって医師の技量や使用する器具の違いにより治療の結果はさまざまになる可能性があります。

しかし私が一番の問題だと思うのは、あまりにも期間と回数がかかり過ぎる事です。
私は利便性の観点から期間と回数がかかり過ぎる事を問題視しているわけではありません。その治療効果の事を問題視してるのです。

保険では治療の期間や回数の制限が設けらています。28本歯がある方が歯周病治療を受けると約11回と約3ヵ月程度かかってしまいます。

歯周病の主たる原因は歯の周りについた歯周病菌による歯肉の炎症とそれに伴い起きてくる骨の吸収です。つまりのこの細菌や細菌が死んで固まったものである歯石を落とし歯肉の炎症をなくし骨の吸収をとめる事が歯周病治療の最大の目的です。

しかし回数をかけて歯周病治療を行うとすでに歯石や細菌を落として綺麗にした部位に対してまだそれを行っていない部分から細菌が再感染してしまう事がわかったからです。
これは常識的に考えても当たり前の事です。例えば車の洗車にしても片側だけ洗車して反対側は洗車しないで反対側は1カ月後に洗車をしたら以前洗車した側はすでに真っ黒になっているはずです。

そこでベルギーのカソリック大學で効果的な歯周病治療の方法が研究開発されました。
それは1日ですべての歯の歯肉の上下関係なく歯石や細菌を取り除くという研究でした。
すると期間や回数をかけて行うよりも歯肉からの出血や歯肉の溝の深度の変化が明らかによくなったのです。

再感染を防ぎ再治療の可能性を少なくする

このように短い期間や回数で行ったほうがより再感染を防ぎ再治療の可能性を少なくする事ができる事がわかったのです。しかしカソリック大學で行った1日ですべての歯に対して行う方法ではあまりにも患者の身体的負担が大きすぎて一般開業医で行うには現実的ではありませんでした。

そこで当院はパーフェクトぺリオの歯周病菌の溶菌効果とライトタッチレーザーの歯石や細菌の除去効果に着目しました。

まずライトタッチレーザーで歯についた歯石や細菌をはがし殺菌を行いそれでも残った細かな歯石や細菌はパーフェクトぺリオを噴霧しながら超音波振動する機器で破壊、除去、殺菌するという2段構えの方法を採用するにいたりました。

この治療期間中及び治療後は家庭用パーフェクトぺリオ水でケアを行って頂く事にしました。この方法であれば1日でなく、多少治療期間(約1ヵ月以内)と回数(2~3回)が増えても再感染を防げます。

※歯周病除菌治療は基本的な治療です。その後再生療法や固定治療を必要となる場合もあります。またどなたも治療を受けられた後は再発防止のためにパーフェクトぺリオとレーザーを用いた定期クリーニングは必要です。

当院の歯周病除菌治療の術前・術後

1.お口の中の変化

術前のお口の中の状態 

術前のお口の中の状態    

術後のお口の中の状態

術後のお口の中の状態

※術後はかぶせ物の治療も終わった時点での写真です。

「治療結果には個人性ありますので、すべての方が同じような結果になるわけではありません」お問い合わせ方法はページ下部にございます。

2.
細菌の状態 画面上をクリックして頂くと再生が始まります。

術前のお口の中の細菌状態

術後のお口の中の細菌状態

※術前は動いている細菌が術後は菌数も少なく破壊されて動かなくないるのがわかります。術後も動画ですが運動していないので静止画のように見えます。

当院の歯周病除菌治療に必要な器材

1:ライトタッチレーザー 

ライトタッチレーザー 

歯の周りに付いた歯石や細菌を破壊・除去して細菌の出す毒素を無害化します。
このライトタッチレーザーはこれまでのレーザーにはない革新的な技術であるLIHSハイドロカットシステムで国際特許を取得しています。
このレーザーはレーザー光と水を同時に出すので水にレーザーがあった時に低温プラズマが発生します。その低温プラズマにより細菌が殺菌されます。一般的なレーザーのような熱による殺菌ではないので細胞内部を傷める事がなく治りも早いのです。

2:パーフェクトぺリオ生成装置

パーフェクトぺリオ生成装置

歯周病菌を溶菌するパーフェクトぺリオ(高純度活性化次亜塩素酸水)を生成します。

お薬のような副作用、アレルギー、耐性菌の心配がなく、お子様からお年寄りまでどなたでも、安全に繰り返し何度でも使用可能です。


3:超音波スケーラー 

超音波スケーラー

当院ではこの超音波スケーラーにフランス サンテレック社製の器材を用いています。

この器械は1秒間に3万回という振動を刃先がするので力を入れて押し当てなくても簡単に歯石や細菌を破壊し除去でます。したがって痛みが少なくやさしく治療ができます。
指で触れても痛くありません。

超音波スケーラー

しかも刃先からパーフェクトぺリオ(高純度活性化次亜塩素酸水)を出しながら行うので、歯から歯周病菌や歯石を引き剥がすと同時に溶菌してしまいます。
これらの器材や材料を駆使することで最短では1日で歯周病治療を終了する事が可能になりました。

歯石やバイオフィルム除去に有効なライトタッチレーザーとは?

この度、いそ歯科では歯石や細菌バイオフィルム除去に有効な最新レーザー機器「ライトタッチレーザー」を導入しました。

ライトタッチレーザー

歯の周りについた歯石へレーザーを照射することにより、歯を傷つけずに歯石や細菌バイオフィルムのみを痛みなく取る事ができます。従来の超音波振動する機械と違い振動はありませんので不快感はありません。

歯茎へレーザーを照射することにより、細菌の定着や歯肉の炎症をおさえ、歯周ポケット内の殺菌を行います。また、歯茎がはれた場合は、レーザーメスとして使用し、腫瘍を切開、排膿させます。これにより、痛みと腫れはなくなり治癒も早くなります。

~他のレーザーとライトタッチレーザーの違い ~

レーザーは、人工的な光の一種です。そして、強い熱エネルギーを生み出します。今までのレーザーは、この強い熱エネルギーで歯肉を切ったり、殺菌したりしてきました。

しかし、熱が高いことで細胞を過度に傷めることがわかり、欧米ではこのような熱式のレーザーは敬遠されつつあります。

最先端のライトタッチレーザーは、レーザーの熱が一瞬にして水の表層分子に吸収されてしまうので、細胞内部を傷めることがありません。この理論は、それまでのレーザー界にとって革命的な発見でした。

このライトタッチレーザー特有のレーザー技術をLIHSハイドロカット理論といいます。さらにライトタッチには、水を出してレーザーを発射した場合に、プラズマイオンを発生して殺菌効果がとても高く治癒を促進します。

いそ歯科でのライトタッチレーザーの使用法

いそ歯科ではこのライトタッチレーザーとパーフェクトぺリオを組み合わせてさらに進化したパーフェクトぺリオを治療を行っております。従来の方法ですと麻酔をしないと歯肉の下の歯石や細菌バイオフィルムの除去が不可能でした。

しかしこのライトタッチレーザーにはレーザー麻酔効果もあるためまったく麻酔しないか、しても通常の1/2の麻酔液量で十分処置が可能になりました。麻酔の量が多いと歯肉の治りは遅くなりますのでより少ないことが理想なのです。

またレーザーだけでは完全に歯石を取り除くことができませんがレーザー光が当たった歯石は変性して大変取りやすくなります。そのためその後の超音波スケーラーでの処置でも容易に歯肉の下の歯石を取り除くことができるので患者さまにとって非常に処置がらくになりました。

ライトタッチレーザーは歯周病治療以外にも次のような治療に使用します。

★虫歯の治療
虫歯をほとんど無麻酔で削ることができます。しかもプラズマ殺菌しながら削るので術後の痛みや2次的な虫歯の発生を抑えることが出来ます。

★ 根の治療

キャビテーション効果の振動で根の中についた細菌や汚れをとり、プラズマ殺菌するの通常の根の治療より早く治ります。

★虫歯の予防
歯の表面にレーザーを照射すると、プラズマで虫歯菌を殺菌し、しかも表層がガラス化し、歯の質が強化されて虫歯になりにくくなります。痛みは全くありません。またフッ素を併用すると予防効果がより一層高まります。

★ 乳歯の抜歯
生えかわりでグラグラしている乳歯や永久歯でもグラグラしている歯は麻酔なしでも痛みなく取る事ができます。しかもプラズマ殺菌の効果で治りも良いです。

★メラニン色素沈着症の処置
歯茎が黒ずんでいるのは、メラニン色素の沈着によるものです。ここにレーザーを照射し、着色部分を除去します。痛みが少なく短時間で除去でき、一週間もすれば綺麗なビンク色の歯茎になります。

★口内炎の治療
口内炎にレーザーを照射することにより、乾燥させ痛みが消失し、治癒も早くなります。

★知覚過敏
冷たい水や空気のしみる場合数回照射するだけで、軽減または痛みが治ります。

★インプラント治療
今までドリルで骨をガリガリを削っていたのを振動なくプラズマ殺菌しながら削れます。殺菌しながらなので傷の治りも良いのです。また2次オペは麻酔せずに痛みなく歯肉をを切開する事ができます。インプラント周囲にできた歯周病にもインプラント自体を傷つけずに殺菌して付治癒させます。

★入れ歯による歯肉の痛みに
入れ歯が当たって歯肉がただれて痛い所にレーザーを照射することにより、痛みが消失し、治癒も早くなります。

PAGETOP