誰でも何かやる時になるべく無駄なく短時間で効果的を出したいと考えるものだ。例えばダイエットでもなるべく楽して効果が出たらいいと人が思うから様々なダイエット食品やダイエット器具が売れるわけだ。

このような心理は人のごく真っ当な心理だろう。しかしこのようなダイエットにまつわる商品に人々が群がるのはダイエットの真の目的つまり「痩せたい」、「スタイルをよくしたい」という部分にフォーカスするのではなく「楽して」という部分にフォーカスしてしまうからこのような商品が売れるしまたこの商品でダイエットを目指した人はことごとく失敗してしまうのだろう。

自分はどのようになりたいのかをまず考える

だからダイエットする人は「痩せたい」、「スタイルをよくしたい」という事にまずフォーカスして「楽して」は二の次にすれば成功するのではないだろうか?

それでは筋トレではどこにフォーカスすればいいのだろうか?少なくとも自分の場合はまず第一に「筋肉を大きくする」、第二に「高重量を扱える」という部分にフォーカスしてその次に短期間でというように考えている。

そういう意味では例えばスポーツクラブやジムに通っている人はまず自分のどのようになりたいのかをまず考えて運動をした方がよいだろう。

またそのような施設でトレーナーに指導してもらう時にもそのトレーナーがあなたの理想とする体型に近いかどうかも重要だ。なぜならその人がそのような体型なのはその人食習慣や運動がその人の体型を作っているからだ。

そのトレーナーはそのような体型になるためのノウハウを知っている可能性が高いのだ。

またそのようなトレーナーや指導が受けられない場合はどうすればいいのだろうか?幸い今は色々な情報ネットで家にいながら入手可能だ。もちろんネットの情報は玉石混交なので慎重に取捨選択することは必要ではあるが…

自分の場合はボディメイクのコンテストに出ているような人のSNSの情報は比較的信用できると思うのでそこに出てきたキーワードをまたネットや本や論文で調べてみる実際に行ってみる事にしている。

コンテストにでられるような人ならば当然そのような体になれるようなノウハウを持っていると考えられるからだ。

他人には効果があっても自分にはあっているか?

ただし最近感じているのはボディビルやフィジークのコンテストに出ている人やパーソナルトレーナーの意見もその人には効果があっても自分に効果がその人ほどあるかどうかは一度やってみないとわからないと思う。

なぜなら我々はロボットではないので筋肉の付着位置や骨の長さや形状が微妙に個人によって異なる。それ故同じトレーニング行ったとしても筋肉への効き方がAという人には効果があってもBという人にはあまり効果がない場合もあるのではないかと感じている。

特にすでに体が出来上がっているプロボディビルダーのこの動作が効果があるといっている種目を試した事もあったが動作が正確に再現できていないという事もあるかもしれないが目標の筋肉に効いている感じしなかった。

やはり初心者や初級者はオーソドックスな種目が一番効果的ではないかと思う。

これは減量にしても個人によって体質や腸内細菌が異なり、同じような食材を使っても効果が変わってくる事と同じような部分があると感じている。 

そのようにして得られた知識を整理し実践してある筋トレ法を行った所体が変わってきた実感が得られたのでご報告しようと思う。ぜひ貴兄の筋トレ法の参考になれば幸いである。

▲最高の筋トレ法を探求して!のTOPへ