歯周病治療に取り組むいそ歯科医院
ブログ
  • HOME »
  • 痛み、副作用がない光殺菌歯科治療

痛み、副作用がない光殺菌歯科治療

光殺菌治療とは?

光殺菌治療(LAD)とは、細菌感染した歯や歯肉に、光感受性物質を注入し、特殊な光を照射することで、活性酸素を発生させて殺菌を行い、健康な歯や歯肉を取り戻す治療法です。
光殺菌治療

医科では早期がんの治療法として

医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療行う光力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という治療法があります。

歯科では殺菌治療法として

歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として光殺菌治療が急速に普及しています。
光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法です。

光殺菌治療の特徴

耐性菌をつくらない

抗生物質による治療とは異なり、光殺菌治療は耐性菌をつくりません。

耐性菌をつくらない耐性菌にも効く

光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透します。そのため、光殺菌治療ではすでに耐性化した細菌も殺菌可能です。

耐性菌にも効く痛み、副作用がない

光殺菌治療は患部に光感受性ジェルを注入し、LED照射を行うだけで治療中に痛みを伴いません。
また、副作用もありませんので繰り返し治療に利用できます。

適応症

細菌が引き起こすさまざまな病変の治療に有効です。

急性期

通常の治療の上に光殺菌治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、 個人差はありますが治癒期間の短縮、感染の再発防止に大きく貢献します。

急性期

常に使用

加えて、光殺菌治療は予防にも有効です。ペリオやインプラントの定期健診、矯正治療のメンテナンスの際に予防的治療としても効果を示します。

予防的治療

※その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

光・レーザー臨床研究会より引用

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ