この度、いそ歯科では歯石や細菌バイオフィルム除去に有効な最新レーザー機器「ライトタッチレーザー」を導入しました。

ライトタッチレーザー

歯の周りについた歯石へレーザーを照射することにより、歯を傷つけずに歯石や細菌バイオフィルムのみを痛みなく取る事ができます。従来の超音波振動する機械と違い振動はありませんので不快感はありません。

歯茎へレーザーを照射することにより、細菌の定着や歯肉の炎症をおさえ、歯周ポケット内の殺菌を行います。また、歯茎がはれた場合は、レーザーメスとして使用し、腫瘍を切開、排膿させます。これにより、痛みと腫れはなくなり治癒も早くなります。

~他のレーザーとライトタッチレーザーの違い ~

レーザーは、人工的な光の一種です。そして、強い熱エネルギーを生み出します。今までのレーザーは、この強い熱エネルギーで歯肉を切ったり、殺菌したりしてきました。

しかし、熱が高いことで細胞を過度に傷めることがわかり、欧米ではこのような熱式のレーザーは敬遠されつつあります。

最先端のライトタッチレーザーは、レーザーの熱が一瞬にして水の表層分子に吸収されてしまうので、細胞内部を傷めることがありません。この理論は、それまでのレーザー界にとって革命的な発見でした。

このライトタッチレーザー特有のレーザー技術をLIHSハイドロカット理論といいます。さらにライトタッチには、水を出してレーザーを発射した場合に、プラズマイオンを発生して殺菌効果がとても高く治癒を促進します。

いそ歯科でのライトタッチレーザーの使用法

いそ歯科ではこのライトタッチレーザーとパーフェクトぺリオを組み合わせてさらに進化したパーフェクトぺリオを治療を行っております。従来の方法ですと麻酔をしないと歯肉の下の歯石や細菌バイオフィルムの除去が不可能でした。

しかしこのライトタッチレーザーにはレーザー麻酔効果もあるためまったく麻酔しないか、しても通常の1/2の麻酔液量で十分処置が可能になりました。麻酔の量が多いと歯肉の治りは遅くなりますのでより少ないことが理想なのです。

またレーザーだけでは完全に歯石を取り除くことができませんがレーザー光が当たった歯石は変性して大変取りやすくなります。そのためその後の超音波スケーラーでの処置でも容易に歯肉の下の歯石を取り除くことができるので患者さまにとって非常に処置がらくになりました。

ライトタッチレーザーは歯周病治療以外にも次のような治療に使用します。

★虫歯の治療
虫歯をほとんど無麻酔で削ることができます。しかもプラズマ殺菌しながら削るので術後の痛みや2次的な虫歯の発生を抑えることが出来ます。

★ 根の治療

キャビテーション効果の振動で根の中についた細菌や汚れをとり、プラズマ殺菌するの通常の根の治療より早く治ります。

★虫歯の予防
歯の表面にレーザーを照射すると、プラズマで虫歯菌を殺菌し、しかも表層がガラス化し、歯の質が強化されて虫歯になりにくくなります。痛みは全くありません。またフッ素を併用すると予防効果がより一層高まります。

★ 乳歯の抜歯
生えかわりでグラグラしている乳歯や永久歯でもグラグラしている歯は麻酔なしでも痛みなく取る事ができます。しかもプラズマ殺菌の効果で治りも良いです。

★メラニン色素沈着症の処置
歯茎が黒ずんでいるのは、メラニン色素の沈着によるものです。ここにレーザーを照射し、着色部分を除去します。痛みが少なく短時間で除去でき、一週間もすれば綺麗なビンク色の歯茎になります。

★口内炎の治療
口内炎にレーザーを照射することにより、乾燥させ痛みが消失し、治癒も早くなります。

★知覚過敏
冷たい水や空気のしみる場合数回照射するだけで、軽減または痛みが治ります。

★インプラント治療
今までドリルで骨をガリガリを削っていたのを振動なくプラズマ殺菌しながら削れます。殺菌しながらなので傷の治りも良いのです。また2次オペは麻酔せずに痛みなく歯肉をを切開する事ができます。インプラント周囲にできた歯周病にもインプラント自体を傷つけずに殺菌して付治癒させます。

★入れ歯による歯肉の痛みに
入れ歯が当たって歯肉がただれて痛い所にレーザーを照射することにより、痛みが消失し、治癒も早くなります。