細菌が引き起こすさまざまな病変の治療に有効です。

急性期

通常の治療の上に光殺菌治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、 個人差はありますが治癒期間の短縮、感染の再発防止に大きく貢献します。

急性期

常に使用

加えて、光殺菌治療は予防にも有効です。ペリオやインプラントの定期健診、矯正治療のメンテナンスの際に予防的治療としても効果を示します。

予防的治療

※その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

光・レーザー臨床研究会より引用