健康な歯の部分は不必要に除去せずに、虫歯の部分のみ軟化させ除去する方法。それがカリソルブ です。そのためほとんどの場合は麻酔注射をせずに虫歯治療が可能です。

このカリソルブは、スウェーデンの歯科大学、工科大学そして複数の研究機関とメディティーム・デンタル社によって1987年より10年間にわたり研究・開発されました。一般臨床へは1998年よりスウェーデンを中心に導入され、現在では世界47カ国で臨床導入されています。

カリソルブは、カリソルブ溶液(次亜塩素酸ナトリウムと3種類のアミノ酸の混合溶液)の作用により、虫歯になった象牙質のみを選択的に軟らかくして、専用器具でその部分だけ除去することを可能にします。

カリソルブは、健康な歯の部分には作用しませんので、歯質を保存し非侵襲的に治療を行うことができます。 しかも溶液に含まれるアミノ酸が痛みの発生を抑えてくれます。
※象牙質の虫歯にたどりつくまでのエナメル質の除去にはドリルを使う場合があります。

★カリソルブ法は自費治療になります。カリソルブによる虫歯除去後、ナノフィラーレジンによる審美修復を行い1日で治療が終了します。 1時間1本 3,1500円(税込み)

■ この治療の適応の方

カリソルブを用いた治療に適応する患者さまは、虫歯になった方すべてが治療の対象となります。その中でも下記に示す患者の治療には特に有用だと思われます。

小児・高齢の方
歯科恐怖症・痛みに敏感な方
全身疾患等で局所麻酔の使用ができない方
在宅診療の方

開発者:DanEricsson教授(マルメ大学教授)のお話

カリソルブの開発の経緯ですが、話は最初、虫歯をどの様に選択的に除くことができるか、そしてどうやったらより痛みが少なく、いかに健康な歯質が残せるか、という考えから始まりました。最初は様々なジェル、アミノ酸の構成、次亜塩素酸ナトリウムの濃度や染料、またそれらの混合手段を検討していきました。このように試行錯誤を続けるうちに現在のカリソルブにたどりつきました。カリソルブはと直接の虫歯の象牙質と接触することによって軟化させます。カリソルブは健全な歯質に影響を及ぼさないので安全だと考えられております。
カリソルブにつきましては、重大な副作用などはありませんし、アレルギー反応や、有毒物質である報告もありません。

カリソルブは、健康な歯質の不必要な除去を防ぐというだけではなく、精神的に歯科医師を受け入れられない患者のためにも必要だと思われます。高齢の方や、または心臓の病気で麻酔剤の使用を嫌がる患者さんにはカリソルブは最適です。