なぜフィットネスビジネスと24時間営業店舗から日本を考えようと思ったか?

それは単純に自分が趣味として3年ほど前から始めた筋トレのために何箇所かのスポーツクラブやジムに行ってみて感じたこと、またたまに利用するコンビニと外食産業の中でファーストフード店・ファミレスに行ってみて肌で感じる変化があったのでそこから日本の今や未来が見えてくるものがあったのでこれらを文章にしておこうと思ったのだ。

フィットネスジムに関しては今までは地元にある全国チェーンのスポーツクラブに会員になり通っていた。そこは老若男女が抵抗無く通えるようなプール、エアロビスタジオ、筋トレマシン、お風呂、サウナが揃った大型の総合スポーツクラブだった。

またそれとは別にビジターとして行ってみた所としては全世界に展開している筋トレと言えばここともいえる代名詞のようなジムへ3店舗。その中でも大きいお店は総合スポーツクラブ以上に設備が整った店舗もあった。そこはプールやエアロビスタジオ、ボクシングリング、お風呂、サウナがあり総合スポーツクラブと同等以上の設備が整っていた。

そして実は今は総合スポーツクラブを退会して、5月に前橋に新たに開業した24時間営業のジムに入会した。

24時間営業のジムの傾向としては自分が入会した所だけでなく、ウエイトトレーニングのみに特化した作りでマシンやフリーウエイトは充実しているがプールやエアロビスタジオはなしで体を洗うのもシャワーのみといういたってシンプルな店舗が多いようだ。

フィットネスジムと一言でいっても様々な規模のそして様々特色がある事に気づがいた。

これからの文章は勝手きままに書いているので途中全く本来に趣旨から離れて脱線することもあるかもしれないがその点はご容赦願いたいと思います。

▲このページのTOPへ