男性の背中

フリーウエイトのベンチプレスの軌道は自分で制御しなければならない。スミスマシンであれば単に上方向に力を加えれば勝手に上にあがってくれるがフリーウエイトの場合はそういうわけにはいかない。

ラックからはずしてみぞおち付近まで降ろしたらやや斜め頭方向にあげてくる感じだ。上にあげた時に完全に腕が伸びきって肘の関節がロックした状態にまではしてはいけない。そうすると肩甲骨を寄せていたのが離れてしまき大胸筋への負荷が弱くなってしまい今度は腕や肩への負荷が強くなってしまうからだ。

また肘の関節がロックした状態は大胸筋への負荷はほとんどかかっていない状態になっているので大胸筋を大きくしたい場合には不利なフォームだ。

また挙げていく過程で実際にはバーベルで固定されているからできないが手を内側に寄せていく感じでイメージするとうより大胸筋の刺激が入りやすい。

たった状態でもいいのでうでを体の前にまっすぐ出して手を中央に寄せるような動作をして欲しい。そうした時に大胸筋が収縮するのがわかるはずだ。

このように筋トレはその動作をイメージする事も重要なのだ。

▲50代deベンチプレス100kgへの道 実践編 のTOPへ